ご挨拶イメージ

充会グループについて

理事長挨拶

当法人の母体である上川病院は、今から30年前に上川病院で身体拘束廃止を実現しました。
身体拘束は患者さん・利用者さんにひどい苦しみを与えます。

特に高齢者はそれが原因で認知症が進み、それに伴い身体も弱り、場合によっては身体拘束が原因となって亡くなられる方もいらっしゃいます。

私たちは患者さんを縛ることは患者さんのためといいながら、それとは正反対のことをしてきたのではないかと思い至り、身体拘束廃止に踏み切りました。 私たちの活動がひとつのきっかけとなり、縛らない施設が全国に広まりました。

今回、私たちは社会福祉法人を設立して特別養護老人ホーム花子を開設することになりました。
花子はいままで私たちが培ってきた「起きる、食べる、清潔、排せつ、アクティビティー」という5つの基本的ケアを丁寧に提供して、地域に開かれ、地域の皆さんに貢献する施設を目指していきます。

また、花子は医師が常勤で配置され、看護師も夜勤を行う体制を取っています。患者さんはもちろん、介護として働くスタッフも安心して働くことができます。

住み慣れた街で皆さんがいつまでも暮らしていただけるよう、私たちは特養花子を作りました。
是非、一緒に利用者さんが安心して過ごせるような施設を作っていきましょう。



医療法人社団 充会
理事長 吉岡 充

理事長 吉岡 充
採用情報ページへ 募集中の求人を見る


理念

●ご利用者様の尊厳を大切にします

ご利用者様の尊厳を第一に守ります。


●家庭的で温かみのあるケアを行います

家庭的で温かみのある雰囲気を大切にし、一人ひとりのご利用者様の気持ちを尊重できるよう、努力し続けます。

画像
採用情報ページへ


ケアの方針

●身体拘束・抑制は行いません!

当施設の母体は、全国で初めて身体拘束を廃止した上川病院(現;多摩平の森の病院)です。 ご利用者様の事故防止のためにひもやベルトを使って縛るという身体拘束・抑制はご利用者様の尊厳を奪うだけではなく、非常に苦痛であり、さらにはその心身に重大な弊害・副作用をもたらし生命をすり減らすものだと考えております。

重度の認知症の方でも身体拘束をせずにケアを行い、状態が安定していく技術を継続し、現在も全国抑制廃止研究大会などで「抑制廃止」を広げています。

理念であるご利用者様一人ひとりの尊厳を大切にしていくこと。 何よりも温かみのあるケアと人と人との関わりが病気・人を癒すと言う考えが根本にあるので、特養花子では身体拘束は行いません。 落ち着ける環境を整え、専門的に関わっていきます。

画像
採用情報ページへ 募集中の求人を見る


法人・施設概要

グループ本部

法人名 医療法人社団 充会
住所 〒191-0062 東京都日野市多摩平3-1-17
TEL・FAX TEL:042-843-1777 FAX:042-843-1701
開設年月日 1989年1月

採用情報ページへ

運営施設概要

施設名 多摩平の森の病院
住所 〒191-0062
 東京都日野市多摩平3丁目1-17
TEL 042-843-1777
開設年月日 2017年7月

施設情報ページへ

施設名 介護老人保健施設 太郎
住所 〒181-0013
 東京都三鷹市下連雀4-2-8
TEL 0422-76-6636
開設年月日 2000年3月

施設情報ページへ

施設名 特別養護老人ホーム 花子
住所 〒191-0062 東京都日野市多摩平3-1-11
TEL 042-582-8787
開設年月日 2019年4月

施設情報ページへ

© 医療法人社団 充会グループ