社会福祉法人育生会 介護イメージ

育生会について

運営理念・方針

社会福祉法人育生会は、ご利用者様のご意向を最大限に尊重し、多様な福祉サービスが総合的に提供されるよう創意工夫することにより、ご利用者様が個人の尊厳を保持しつつ、地域社会において自立した生活を営むことができるよう支援することを目的とします。

事業の運営にあたっては、医療・保健・福祉の各サービスが一体となって供給されるべく、一般財団法人育生会をはじめ、地域の医療・保健・福祉サービス事業者との連携を密に行っております。

職員においては「まず努力、まず実行、まず奉仕」を念頭に、常に高い志と専門職としての自覚を持ってその職務にあたることとします。

◆個の尊重
私たちは、人生の先輩であるご利用者を一人の人間として絶対的に尊重し、常に敬意をもって 接します。

◆プロとしての自覚
私たちは、各自の役割と使命を常に認識し、プロとしての自覚を持って絶えず研鑽を重ね、ご利用者に安心して楽しく心豊かな日々を送っていただくことができるように支援します。

◆目配り・気配り・思いやり
私たちは、「目配り・気配り・思いやり」を忘れずに、今ご利用者が何を求めているか、必要なときに適切なサービスが提供されているかを常に考えながら業務にあたります。

◆サービスの改善向上
私たちは、ご利用者やご家族のご意見や不満、苦情を伺う場を積極的に設け、これを真摯に受け止め、私たちが提供するサービスの改善向上に反映させます。

◆地域への参加
私たちは、ご利用者が社会の一員として生活することができるよう地域交流を図り、また地域の社会資源として開かれた事業運営を心がけます。

社会福祉法人育生会 外観

育生会の取り組み

【強み】

当法人の大きな強みは、母体が病院だということです。
特に「よつば苑」は、協力病院が併設されている全国でも数少ない施設です。
病院が併設されているので、特養のご利用者様やそのご家族様はもとより、職員も安心して働くことができます。

夜間にご利用者様の具合が悪くなった場合の対応など、介護職員は不安に感じることもあります。
しかし、併設病院には、当直の医師が常駐しているので、すぐに相談したり診察を依頼することもできます。

また、託児所も併設していますので、小さな子供をその託児所に預けながら働いている女性職員もいます。
産休・育休も取得しやすい環境で、職場復帰率はなんと100%!
職員が安心して長く働ける環境づくりに力を入れています。

社会福祉法人育生会 内装(廊下)

【研修制度】

2019年5月に新規オープンする予定の特別養護老人ホーム「ひまわり」にも、施設内に保育所を設置しており、子育て中の方も未経験の方も安心して働くことができます。

特別養護老人ホーム「ひまわり」は、施設内に研修センターを併設する予定です。
ひまわりには、研修担当職員(元福祉系専門学校の先生)が研修の専任として配置し、サポートを行います。

研修センターはご利用者様の居室を再現しており、業務上で困ったことや知りたいことをすぐに聞くことができ、アドバイスを受けることができるため、介護のお仕事が初めての方でも、安心して働き始めることができます。

また、経験を活かして働きたい方もスキルアップすることができる環境を用意しています。
研修センターでは、新任職員研修を始め、定期的にスキルアップするための研修会を開催します。

研修担当職員を専任で配置しているため、現場や現場以外でも指導が受けられ、介護の技術や知識を身につけることができます。
介護のお仕事を続けていくために、取得しておきたい資格である「介護福祉士」は、資格取得のために実務者研修の修了が必須となります。

サポートとして取得費用の一部補助をするなど、介護職員一人ひとりのステップアップを応援するフォロー体制も充実しています。

社会福祉法人育生会 外観