法人概要

法人概要

社会福祉法人松川会は、老人福祉介護事業並びに児童福祉保育事業を行っています。
多様な福祉サービスを総合的に受け入れ、基本理念のもと、介護・保育ともに地域に根ざしたコミュニティー施設として運営しております。

老人福祉介護事業では、ご利用者様をはじめ、ご家族様、地域にお住いの方々、あらゆる方々に心のこもったサービスを提供していきます。
ご利用者様には「第2の我が家」として生活していただき、安心・信頼することができ、毎日が笑顔であふれるような、温もりのある施設運営を目指しています。

児童福祉保育事業は、「子供たち一人ひとりの可能性と積極性を育みます」を基本理念として保育園を運営しています。
この事業を通じて、これからの未来を担う子供達を、保護者の皆様や地域の皆様と協力して共に育んでいきます。

法人概要イメージ

沿革

平成18年 12月8日 社会福祉法人松川会 設立
平成20年 2月1日特別養護老人ホーム チェリーヒルズ北本開設(定員90名)
平成20年 10月1日チェリーヒルズ短期入所生活介護開設(空床型ショート10名)
平成25年 4月1日さくら保育園開園(定員110名)



法人としての取り組み

社会福祉法人松川会では仕事をしながら介護職員初任者研修、介護職員実務者研修、介護福祉士などの取得を目指すことができるようにサポートしています。

リーダーとして働いていただく職員への研修や、施設内でのさまざまな教育研修制度を用意し、介護の仕事にやりがいを感じながら、働き続けていただける環境を作っていきます。

また施設には、介護ロボット(見守り支援ロボット)を導入しており24時間ご入居者様を見守ることができます。
これにより、職員が各居室を巡回して行う見守りが減り、必要なときに素早く駆けつけられるようになります。
さらに、巡回していた時間を他の業務に充てることができます。

この介護ロボット(見守り支援ロボット)を導入することで、寝ているのに定期巡回のたびに起こされてしまっていたご入居者様に対して、必要なときにだけケアを行えるようになり、朝までぐっすり眠れるようになったというケースもあります。

介護ロボット(見守り支援ロボット)の導入は、ご入居者様の負担軽減はもちろん、介護スタッフの負担軽減や事故の軽減にもつながります。

施設内には、地域交流スペースを併設。
ご入居者様と面会に来られるご家族様が一緒に過ごしたり、ご近所にお住いの方々が、気軽にお茶を飲みながらゆっくりと時間を過ごすことができるスペースです。

施設と地域が共により良い交流ができる場所を目指しています。

チェリーヒルズ新座 利用者様イメージ

下記の「チェリーヒルズ新座の求人情報一覧を見る」ボタンからより詳しい情報をご覧いただけます。

※当社は、介護求人パークの求人検索応募システムを活用しています。
下のリンクボタンを押すと、就業条件など最新の情報をご覧いただけます。
また、応募はもちろん、施設見学のお申し込みも行えますので、ご利用ください。(無料・24時間利用可能)


チェリーヒルズ新座の求人情報一覧を見る